御香水

Image047.jpg

1100年平安時代貞観4年(863)9月9日境内から水が湧き出し、よい香りが四方に漂い、この水を飲むと病気がたちまち治ったという。この奇端により清和天皇から「御香水」の名を賜った。
昭和60年に「名水百選」に認定され、毎日沢山の人達が名水を求めて訪れる。
posted by 京都観光/旅行 at 05:53 | 京都・観光・ホテル